月ノ輪珈琲

出店名:月ノ輪珈琲

出身地:岡山県津山市

吉備中央町在住歴:4年目

主な出店物:自家焙煎の珈琲と手作りのローチョコレート

出店物に対するコメント:
珈琲豆そのものが持っている味、フレーバーなどを損なわないように気をつけ、日々焙煎をしています

吉備中央マルシェの楽しみ方:
美味しい
地元とのほどよい交流

吉備中央マルシェ出店者で気になる人:
海士部(栄子)さん
百姓としてのクオリティーが高い
白小豆のぜんざいが本当に美味しかった~(奥様の声)
あれは、吉備中央マルシェでしか食べられないよね

お客様へ:
是非来てみてください~

自身のブログやページがあれば:
特になし

紹介:
主にイベント出店で珈琲やチョコレートを販売している彼らですが、
好みの感じに焙煎してくれる珈琲豆の量売りも行ってたりします。
そもそも、吉備中央マルシェを始めるきっかけを作ってくれたひとりであり、
吉備中央マルシェには当初から出店していますが、
私が買いに行くといつも珈琲は売切れ。。
まあ多くの人が月ノ輪珈琲を飲んでいるってことなので、
嬉しくもあるのですが。

「私たちは”小さな暮らし”を目指し、岡山の山中で、お百姓をしながら薪や山水、ソーラーの力を借りながら暮らしています。この自然の豊かな自然の中でゆっくりと暮らし、この環境を子ども達に残していきたいな、と思います。」
(*以前のインタビューからの抜粋)

カフェをしていると言われてもおかしくないくらいの山奥にある素敵な家で、猟師でもあるだんなさんがイノシシの解体の話をしている際、「本当に逞しいよ〜」と横でおっとりと可愛らしい笑顔をみせる奥さん。彼らとの食や生活の話からは“ここに既にあるものでの暮らし“というのを考えさせらます。

写真は、WEBに載せる写真なんですけど、と相談した際に「あったかな〜?」と奥さんが探して送ってくれた2枚。
寄りと引き。
ということで、自宅、吉備中央マルシェの店舗、彼ら、どれも素敵でWEBにもその写真を紹介したいのですが、情報は看板のみという最小限に留めておきます。
この看板を目指して、月ノ輪珈琲と彼らとの会話を堪能してください!
IMG_2609

IMG_2610

コメントを残す